『感涙イベントinカフェ・シャローム』20131221 レポート

2013年12月21日(土)に 『ホッとライブ“なみだのラブレター”』番外編『感涙イベントinカフェ・シャローム』が開催されました。

book-and-drink
カフェ・シャロームは心斎橋の3番出口を上がってすぐのビルの地下にあるオシャレでオープンなカフェ。
急な開催決定&告知だったにもかかわらず、会場はほぼ満員です。
この日は、橋本昌人氏の本「なみだのラブレター」出版記念ということもあり、橋本氏の友人である毎日放送の佐藤昌弘部長が司会を務められました。お笑い番組に関わってきた2人だけに、お互いツッコみツッコまれ、笑わす笑わす!何これ?涙活だったよね?!という感じ。

しかし、橋本氏によるラブレター朗読タイムになると、さっきまでのワイワイした雰囲気はどこへやら、読めば読むほどに、目が潤んできた方や、泣いている方もおられました。

会の主催者であるシャロームの店長・平岡哲司氏がゲストに招き、仕事先の沖縄から駆けつけた美人姉妹の歌姫ユニット『Sky』も、自分たちの体験と共に、お互いへのラブレターともいえる曲『今日』に秘められた思いを語ってくれ、これまたジーーン。

いよいよ最後のラブレター朗読タイムになると、この日のためにあえて本『なみだのラブレター』を読まなかったという佐藤部長の目にも涙がキラリ。佐藤さん、どうやら恋人同士のラブレターだと思っていたようで、しきりに「反則やわ!」を連発してました。
参加者の声は、「認知症のお母さんへの手紙が、自分の体験と重なって、胸が熱くなった」「私もラブレターが書きたくなった」「橋本さんの本にあるラブレターは、ただ悲しいじゃなくて希望を含んだ温かい涙を流せる」「笑いの雰囲気に包まれながら涙が流せるのがムッチャよかった」など、様々。
橋本氏による、笑いと涙の関係といった話もありつつ、参加者全員のスッキリした表情を印象に残しながら幕を閉じたのでした。

with Sky