HOME

なみだのラブレター なみだのラブレター 22 February 2015, 09:30
【 ある刑務所での感涙講演 『涙のコミュニケーション』 】

先日、ある刑務所で私の「感涙ラブレターライブ」いわゆる「涙活」を、
『涙のコミュニケーション』と題して行いました。
他人の痛みが分かる心、また、人の心に寄り添える気持ちや
感謝の思いを持ってもらうための時間。

参加者は、様々な刑期の人が混在する受刑者11名。
実は今回、事前にお願いして、誰かへの本気の手紙(ラブレター)を
全員に書いてもらっていました。
50分間の限られた講演時間ですから3通だけを紹介。
名前は伏せて、私が朗読発表する許可を得たのです。

一通一通のラブレターには、どれにも様々な思いが詰まっていました。
一通は、自分の出所を待つ母親へ…。
一通は、自分が罪を犯したのを天国で見ていたであろう祖母へ…。もう一通は、二度と会えない小学生の息子へ…。
そして、私の本『なみだのラブレター』に収められた中から、
それらと響きあう手紙を選んで、
心を込めて交互に朗読するという内容にしました。

皆さん、“受講”という姿勢は崩せないのか、
どんな時も目は伏せません。伏せずにこちらをジッと見つめ、
一見、無表情に見えるのです。しかし、頬には涙が…。
その眼は私を見ているようで、もっと遠くのものを見ていたのでしょう。

予定時間を10分ほど過ぎて終了した後に分かったのは、
私の正面に座って一番涙を流していた人が無期懲役だったということ。
5月には、こちらの約1000名の受刑者を前に
話をさせていただくことが決まりました。
なみだのラブレター added 2 new photos.

blank

“なみだのラブレター”とは

“笑い”の吉本興業がプロデュースして話題の、“涙”の本。

Cover + Obi

たとえ、親から子へ、孫から祖母への手紙でも、愛が詰まっていればそれはラブレター。

ラブレター研究家である放送作家が、番組やイベントを通じて出会った泣ける手紙を紹介する“感涙度120%”の本です。

42
ここで言うラブレターとは、誰かから誰かへの「ありがとう」が詰まった本気の手紙のことです。
誰に対してでも、気持ちや愛がこもっている手紙なら、それはラブレター。

そんなラブレターたちに魅せられた自称“ラブレター研究家”である放送作家の橋本昌人氏の、
「番組やイベントを通じて出会ったラブレターをとにかく多くの方々に読んでもらいたい!」との思いから、
泣けるラブレターを集めた本が生まれました。

放送作家として笑いの現場で芸人さんとも仕事をし、“日本笑い学会”の理事を務めたり、
ずっと“笑い”の近くで仕事をしてきた人物がなぜ、涙を誘う手紙に魅せられていったのか。
それは、自分にとっては自然なことだったと橋本氏はいいます。

「“笑い”と“涙”は表裏一体。上質の喜劇は、笑いと同じくらい涙も生みます。
普段でも、友達と大笑いしているときに、忘れていた何かを思い出したような気がして泣けてくる‥なんていう経験、ありませんか?」

“涙”と“笑い”の関係は、それほど密接なのです。

この本の中のラブレターは、思いあふれるものばかりが集められています。

生徒から恩師へ、子どもから親へ、飼い主からペットへ…、様々な真心に出会える手紙を、
一日に一通でもよいので味わって涙して下さい。
すると‥自分の中の何かが変わってくるはずです。

HMVで購入▶アマゾンで購入▶

blank

今月のラブレター

p6p7

ラブレター:なんでやねん

Title_71_nadeyanen

「認知症だけど、いつも笑顔を絶やさない母へ。」(和歌山県東牟婁郡・51歳女性)

お母さんへ
毎日、ふと、顔を合わせた時にお母さんの口から何気なく出る、
「あのぉ、どなたさんでしたかいな?」という言葉がイヤでイヤで、悲しくて、切なくて、いつも私、しかめっ面をしてお母さんの世話をしていたね。

あれだけ愛してくれたあなたでも、病気には勝てずに、一人娘の顔も名前も、忘れ果
ててしまいました。
ほんとに、忘れちゃったのかな?
いや、記憶のどこかに、置いてきちゃったんだと思っておこう。
しかし、その“やるせなさ”に、つい、気がつけば暗い顔をしていたのです。
そんな毎日の中、今年の夏のある日、夫がこんなことを言いました。
「認知症は確かに、症状が進むほど、目の前にいる人が誰なのかを判別するのが難しく
なる。でも、本に書いてあったんやけど、相手が誰なんかはわからんでも、笑っている
か怒っているかをその表情から読み取る力は、健常者と大差ないそうやで」
そう、教えてくれたのです。
ごめんね、お母さん。
笑顔や、優しい気持ちはちゃんと伝わるのに、いつも私、怖い顔してて、いやだったで
しょ?
あなたは病んでからでさえ、笑顔を絶やさずニコニコしているのに、だけど病気だか
らしかたなく、しかたなく、「あのぉ、どなたさんでしたかいな?」なんて、娘の私に
言ってしまうだけなのにね。


(続きは本で)

Pict_73_nadeyanen

blank

感涙イベント

11現在イベントは予定されていません。
決定次第お知らせします。